我々の生活を支える電子部品

通販等で売られている電子部品は、あらゆる電気製品に使われていますが、たいてい製品の中に組み込まれていて、我々の目に触れることはありません。たとえばトランジスタとかマイコンとか耳にしたことがあるでしょう。これらが電子部品と呼ばれるものです。

電子部品の種類

電子部品は普通プリント基板と呼ばれる回路板にいくつも半田付けされて一つの回路を形成しています。一つだけでは役に立たないというわけです。
たとえばDVDプレーヤーの外枠を取り外すと平べったい緑色の板が見えます。これに電子部品が何個もくっついています。長方形や正方形、円柱型とさまざまな形をしていて、色も白や茶、緑、赤、青ととてもカラフルです。リード線と呼ばれる銀色の電極が突き出ているものがあれば、プリント基板に直接くっ付いているものもあります。
通販でも買える電子部品には先に挙げたトランジスタ、マイコン以外にダイオードやメモリ、コンデンサ、スイッチ、リレー、コイル、トランスなどいろいろな種類があり、それぞれ回路上でその役割を果たしています。ICやLSIという言葉を聞いたことがあると思いますが、これも電子部品の一種で、日本語では集積回路と呼ぶグループの総称です。

主な電子部品の役割

電子部品は回路上でどういう役割を担っているのかというと、トランジスタやダイオードは電気を入れたり切ったりする、つまりスイッチのような働きをします。
マイコンはマイクロコンピュータの略ですから、これ1個だけでコンピュータというわけで、プログラムをその中に持っています。プログラムというのは身近な例で言うと、冷蔵庫の設定温度に対して庫内の温度がそれ以下に下がったら電気が入るというような一種の決まりごとです。これによって冷蔵庫の中を常に冷やし続けるのではなく、必要に応じて冷やすことによって電気代を節約することができます。
メモリは一時期日本の電気産業を支えた電子部品で、データを記憶します。パソコンにはメモリが何個も入っています。その他にコンデンサは電気を貯め、コイルは磁場を作ってモーターを回転させるというような働きを持っています。

生活の中の電子部品

電子部品の発達は我々の生活を大きく変えてきました。たとえばメモリを小さく、一方では記憶容量を大きくすることにより、パソコンがどんどん小さく薄くなっていきました。
ビデオデッキが登場した頃のサイズを覚えていますか。とんでもなく大きくて重かったですね。これも電子部品が小さく多機能になることにより1台当たりの使用数が減っていき、ビデオデッキはコンパクトになっていったというわけです。同じように電子部品のおかげで携帯電話やスマートフォンも小さく薄く、そして多機能になってききました。
こういう電気製品だけではなく、今や自動車にも電子部品は多く使われています。ABS(アンチロックブレーキシステム)やECU(エンジンコントロールユニット)といった制御システムは電子部品によって成り立っています。
このように通販でも買える電子部品は、我々の生活に欠かせないものとなっています。